top of page

ファッションの次に面白いインテリア

更新日:2023年7月19日

昔と違って洋服選びが難しいとか、ファッションってよく分からないといった話はあまり聞かなくなった気がします。


1980年頃は洋服屋もそれほど多くありませんでしたし、お洒落な洋服屋さんというものは街に数軒あったかなかったか程度だったように思います。ファッションは一部のマニアックな人の嗜みで、これはこう着こなさないといけないといった細かなルールみたいなものもたくさんあったような覚えがあります。


今では街には洋服屋さんが溢れるくらいあるし、人々の服装も千差万別。老若男女問わず、自由に思い思いのファッションを楽しんでいるといった様そうです。


反対にインテリアショップはとても少なく、お洒落なインテリアショップは街に数軒しかなく、インテリア好きなら誰でも知っているような「カールハンセン&サン」や「ルイスポールセン」といった有名ブランドを取り扱うショップばかりです。これにはこれを合わせるべきと言わんばかりのお決まりのルールがあり、インテリア好きの人の部屋に決まってYチェアとルイスポールセンのPH5が定番です。さしずめファッションで例えるならヘインズの白いTシャツにリーバイス501といった感じでしょうか。


現在のインテリアシーンは1980年代頃のファッションシーンと似ていて、その頃といえば、「コムデギャルソン」や「ヨージヤマモト」を筆頭にDCブランドブームが起こり、ファッション誌を通じて多くの人がファッションに興味を持つようになり、シーンが急速に拡大していった時代。


いくつかの有名ブランドしか存在しない小さなマーケットで、ごく一部のコアなユーザーによって成り立っているようなところだと思いますが、1980年代に青春時代を過ごした世代が住宅を取得し、それまでのファッションやライフスタイルに対する拘りが住まいにも波及することで、少しずつ住宅・インテリアのマーケットにも変化の兆しが見え始めています。


書店に行くと以前よりもインテリア関連の雑誌や特集記事が少し増えてきたように感じますし、リノベーションマンションの流行やYチェアやPH5など、海外ブランド家具の流行などもその一端ではないでしょうか。


先に述べたように、若い時にファッション誌で育った世代の人達が住宅を取得し、インテリアに目を向け始めたことや、その最初の世代の人達が子育てを終えて、自身のために時間もお金も使えるようになり、改めて自分たちの理想のライフスタイルを追求し始めているのかも知れません。


一般にインテリアショップというと国内の木工家具メーカーを扱う昔ながらの家具屋や、「ニトリ」や「イケア」のような大手量販店がほとんどで、地方の大都市では「カールハンセン&サン」や「ルイスポールセン」などの北欧ブランドを扱うインテリアショップがあったりしますが、それらは全体から見るとまだまだ少なく、世界には本当に多くの家具メーカーもありますし、新品に限らず、ヴィンテージやアンティークなども含めると沢山の選択肢があります。


また、インテリアにもファッション同様にさまざまなスタイルがあり、北欧やミッドセンチュリー、インダストリアルなど様々。日本でもインテリアシーンがもっと盛り上がってくると、先のファッションシーンのような多様性が生まれることでしょう。


洋服は毎年新しいトレンドが作られ、去年買った服は時代遅れとなり、また新しい服を買わなくてはいけなくなるところがありますが、家具は何十年も同じデザインのものが作られ、流行というよりもずっと使うものを選ぶ感覚が強いと思います。


ファッションに毎年20万円を使っているとすると、10年間で200万円の予算にもなりますが、10年間でインテリアに200万円を使うと考えると、それなりモノも買えるのではないでしょうか。


お洒落に気を遣うことは、今や仕事ができるビジネルパーソンの間では当たり前。相手にどう印象づけるかは仕事をする上でとても重要です。自分の服装や持ち物は何故それを選んだかを物語ます。つまり、身につけているものが自身の価値観を表しています。だから、仕事が出来る人ほど、見た目だけでもある程度のことが分かるのです。


インテリアは洋服やクルマのように、あまり人に見られるものではありません。だからこそ、最も自分の内面が現れやすいようにも思います。


着る服によって、その人の気分が変わるように、どんな部屋や家で暮らすかは思ってる以上に人に影響を与えています。これまでは人にどう見られるかを気にすることが大切と言われてきましたが、これからは自分自身の環境を良くすることこそ、最も有効な投資ともいえるのではないでしょうか。





LIVING WITH LIGHTS | 美しい灯りと暮らす


IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors

861-8001 熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1丁目15-16


Youtubeチャンネル ►► https://www.youtube.com/@inthelightinteriors/

閲覧数:138回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page