• Yuichiro Noguchi

不便さの中にある豊かさ

最新設備の自動車を所有することに憧れる人は多いことでしょう。最先端のデザインに加え、便利で快適な居住空間と乗り心地は、まさに便利で豊かな暮らしの象徴といえるものの一つでしょう。


最新のものは基本的に機能的で便利であることに価値があります。スマートフォンやパソコンといったデジタルデバイスが良い例です。だから最新でなくなった時点で存在価値はなくなり、遅かれ早かれ買い替えを余儀なくされるものです。


かたや古い車は定期的なメンテナンスや修理費もそれなりにかかるもの。普段使いするには手間暇もかかってきっと不便なことでしょう。それでも古い車を選ぶ人がいるのは何故か。

ただ古いだけでは価値を感じる人は少ないと思いますが、作られた当時は高嶺の花であったり、特別な仕様だったりするような希少価値の高いものなどが良い例です。


日進月歩で世の中はどんどん便利で快適になっていきますが、人々がどんどん幸せになっていっているかというとけしてそうではありません。よく大人になってから若い人に対して「昔は良かった」という人が少なくないように、人は案外ノスタルジックな生き物なのです。


便利や快適といったものは、そのものから得られる機能的価値であるのに対して、ノスタルジックのような感性に訴えるようなものは情緒的価値があるものです。


前述のように機能的価値は時代や流行によって変化するのに対し、情緒的価値は普遍的なものです。自分が大事にしているものよりも良いものが出てきたとしても、それまでに費やした時間と感情はかけがえのないもの。仮にその大事にしているものがなくなったとしても、そのものを大事にしていた思い出はずっと残りますし、思い出と共にその時の感情も蘇るもの。つまり、そのかけがえのないものこそが人が幸せを感じるものであり、豊かさの本質なのではないでしょうか。


機能的・物質的な豊かさは今後もどんどん進化していくでしょう。しかし、人が本当の幸せを感じるのは精神的な心の豊かさであり、その価値観は何百年も前から変わっていないのではないでしょうか。



 

◆「照明から考える家づくり」をコンセプトにした心地よい灯りのある住まいの提案。北欧のような豊かな灯り文化と上質なインテリアデザインでお客様の理想の暮らしをかたちにします。


IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1-15-16

www.inthelightinteriors.com







閲覧数:109回

最新記事

すべて表示