• Yuichiro Noguchi

夜には夜の灯りを愉しむ

更新日:2021年6月19日

昼間は太陽の光がさんさんと降り注ぐ明るい室内も、夕刻には窓からオレンジ色の光が差し込み徐々に夜の灯りへと移りゆくもの。


日々の移ろいの中で一日の疲れを癒やし、心身共にリラックスした時間を過ごすのに最も適しているが夜の時間ではないでしょうか。


薄暗い中でほのかな灯りの中で過ごす夜のひとときは、人の心を落ち着かせ、一日の昼間の疲れを癒してくれます。


雰囲気のある落ち着いた灯りのもとでのディナータイムは、食事を一層美味しく感じることができて自然と会話も弾むものです。


また夜景を眺めながら柔らかな光と音を感じるような入浴は、一日の疲れを落とすと同時に至福のリラックスタイムを過ごさせてくれるはずです。


就寝前のベッドでくつろぐ時間も格別です。直接光源が目線に入らないように配置された間接照明の優しい光は、眠りにつく直前まで心身ともにリラックスした心地よい時間を過ごさせてくれることでしょう。


昼間には外で沢山の刺激を浴びて体も脳も活発な分、自宅に帰った夜の時間帯には余計なノイズを減らし、心身ともにリラックスできる環境を整えることが大切です。そうすることで、また次の日もリフレッシュして元気に過ごすことができるというものです。


多くの人は夜の自宅も昼間と変わらないような明るさを求めているようですが、人は本来、昼は活動して夜は休むような体のバイオリズムになっています。その夜の時間に刺激やストレスを与えることは、決して良いことではないのです。


そのような必要以上にストレスを感じる生活を続けていると、他人に対する優しさや寛大さを欠き、理性や感情のコントロールが上手くできなくなります。


蛍光灯のような青白い光も同様です。昼間の時間帯では、太陽光のような明るい刺激的な光によって脳や体が活性化され、活動的になったり、生産性を高めてくれますが、そのような刺激を常に受け続けることはストレスにもなります。


そのような昼間に受けたストレスを解消するのも、夜の時間の大切な役割でもあります。


だからこそ自宅で過ごす夜の時間には、蛍光灯から放たれる昼間のような光ではなく、夕暮れのオレンジ色から薄暗い仄かな蝋燭の灯りへ移ろうような、より自然な環境に近づけることに意味があるのです。


そのような空間は決して便利ではないのかも知れませんが、夜ならではの静かで穏やかな心地よい時間を過ごさせてくれるはずです。



 

『大人のためのマンション・リノベーション』無料相談受付中


50代からの大人のライフスタイルを考えたマンション・リノベーション。

建築・家具・照明などの住空間の全てをデザインする「インテリアアーキテクチャ×リノベーション」でかなえる理想の暮らしのご提案。


◆お問い合わせはホームページからお気軽にどうぞ!


『灯りを愉しむ』美しく、心地よい暮らし

《IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors》

〒861-8001 熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1-15-16

https://www.inthelightinteriors.com/





閲覧数:132回

最新記事

すべて表示