top of page
  • 執筆者の写真Yuichiro Noguchi

ホテルライクな照明とは

最近よく耳にする“ホテルライク”。


普通のホテルは天井には住宅用の大きなシーリングライトあって、白い壁や天井に反射する白々しい光が眩しい室内は相変わらず。


一昔前の住宅でもシーリングライトが最先端の照明器具だったので、それに慣れ親しんだ日本人にとっては何の違和感もないでしょう。


しかし、高級ホテルの照明は昔から欧米のような多灯分散の照明計画が当たり前。部屋に入るとフロアライトやテーブルライト、ベッドボードにもブラケットライトなど、様々な照明がいくつも配置してあります。


そのようなホテルでは、天井に煌々とした灯りがあることは少なく、テーブルや部屋のコーナー、ソファーやベットの周りといった必要な場所にある照明は調光も可能で、それぞれちょうど良い灯りを作ることが出来るようになっています。


まさに、そのような適光適所に配置された照明が落ち着いた雰囲気と居心地のよさを演出してくれるのです。


部屋全体が白い光で煌々と照らされるよりも、陰影のある適光適所に配置された照明の方が機能的にも優れていて、手元の近くにある光は天井から照らされる光ほど明るくある必要がないので、手元をしっかりと照らしてくれる上に、空間全体は柔らかな間接光で包まれるのです。


ホテルライクというと何となく見た目だけで、機能的には大した違いがないように思われるかもしてませんが、本当に良いホテルでは色んな面で使いやすく、尚且つ心地よく過ごせるように考えて作られています。


良いホテルほど多くの照明が使われているもので、クローゼットの中まで開けたら内部にある間接照明が自動で点灯するような所もあります。普段見えない場所にわざわざ手間とコストをかけてまでやるのは、それだけの価値や意味があるからです。


ただ見えれば良いというだけであれば、コストや手間がかかる照明をたくさん使うことは無駄に思えるかも知れませんが、本当に心地よさを追求しているからこそ、そんな細かいところの照明もこだわるのです。


それほどに照明が空間の及ぼす影響は大きく、場の雰囲気を決定づけるのは照明であるといっても決して過言ではありません。


これからホテルライクなお家づくりを目指される方には、ぜひ一度、そのようなホテルを体験してみることをオススメします。


まずは、本物の“心地よさ”を知ることが、家づくりの第一歩ではないでしょうか。




LIVING WITH LIGHTS | 美しい灯りと暮らす


IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors

861-8001 熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1丁目15-16



Youtubeチャンネル ►► https://www.youtube.com/@inthelightinteriors/



閲覧数:112回

最新記事

すべて表示

陰翳礼讃

bottom of page