top of page

アメリカを代表する現代アーティストのChristopher Wool(クリストファー・ウール)とFelix Gonzalez-Torres(フェリックス・ゴンザレス=トレス)によるコラボレーション作品『 Untitled, 1993(The Show is Over) 』。

 

1993年にニューヨークのDiaでの展覧会のために、クリストファー・ウールとフェリックス・ゴンザレス=トレスの共作による「スタック」作品として制作され、展覧会の出席者は「スタック(積み重ねられた)」されたポスターを1枚だけ持ち帰ることができるというインスタレーションで使われました。

 

テキストはベルギーの作家ラウル・ヴァネイジャム「日常生活の革命」からの引用で、急進的なロシアの革命家ヴァシリー・ロザノフによる悪名高いテキストを充当したウールの1990年の絵画に基づいています。1967年、ラウル・ヴァナイゲムは、当時忘れられていたテキストをニヒリズムの完璧な表現として擁護し、シチュアシオニスト・インターナショナルの中心的なテキストにしました。ここでは、ウールはスペースを空け、自動解釈を避け、絵画自体の表現の意味に疑問を投げかけるためにフレーズの構文を混乱させます。

 

この展覧会のために、ニューヨークで最高のコンセプチュアル・アーティスト2人によるコラボレーションした作品です。

 

A site-specific work for the 1993 Printed Matter exhibition at Dia in New York. Functioning as a 'stack' piece by Félix Gonzalez-Torres in collaboration with Christopher Wool, the work was available to be taken one by one from the stack by attendees. As with Gonzalez-Torres' other famous 'stack' pieces, the work was created with an unknown edition size, and replenished as needed for the run of the exhibit. 

Based on a 1990 painting by Wool, which appropriated the infamous text by the radical Russian revolutionary Vasily Rozanov. In 1967, Raoul Vaneigem championed the by-then forgotten text as the perfect expression of nihilism, making it a central text to the Situationist International. Here, Wool spaces and disrupts the syntax of the phrase to avoid automatic interpretations and question the meaning of representation in painting itself. A collaboration between two of New York's premier conceptual artists for Printed Matter.

 

●寸法:W935×H1,412 × D30mm
●額装:木製ブラックフレーム

Christopher Wool & Felix Gonzalez-Torres|Untitled, 1993

¥550,000価格
消費税込み |
    bottom of page