top of page

オランダ出身、アメリカを拠点に活動するフォトグラファー、アリ・マルコポロス(Ari Marcopoulos)の作品集。本書は、作者自身のアーカイブから選りすぐったZINEを編纂し、作者の日々の活動の重要な要素を今までにない形で紹介している。
作者は、ZINE制作に熱を注ぐアーティストである。本プロジェクトは、作者のZINEのセレクションを初めて一冊にまとめたもので、その多くは未発表のものであり、この影響力を持つ作者の日々の活動に欠かせない要素を、ユニークな洞察と概観をもって提供する。しばしば自費出版されることもあれば、「Roma Publications」、「Dashwood Books」、「PPP Editions」といった独立系出版社やブティックとのコラボレーションで制作されるこれらの非公式でDIY的な作品群は、スケッチブック、日記、展示空間として機能し、作者の日常生活、家族、周辺、また作者が活動している希薄な文化的環境を撮影して処理するための手段でもある。本コレクションでは、作者によるZINEの数々を紹介し、その魅力を引き出すレイアウトを通して、それぞれを芸術品として探求する。本書は、2015年より制作されたものから始まり、各年ごとに時系列で主要なZINEを収録しており、中には作者がパンデミック期間中に主にパソコンで制作したPDF形式のZINEも含み、個々のイメージが掲載されている。キュレーターであるハムザ・ウォーカー(Hamza Walker)のインタビューでは、作者の芸術活動において欠かせないZINEの役割を強調し、作品の中の個人的で日記的な要素に重点を置き、アメリカ人作家のマギー・ネルソン(Maggie Nelson)によるエッセイでは、より広く社会的・文化的な文脈の中での作品の位置づけについて熟考する。本書は、この多作なアーティストである作者の個人的な活動やZINE文化に関心を持つ読者にとって必見の一冊である。

 

softcover with a booklet (interview text with Hamza Walker translated into Japanese)
336 pages
220 x 220 mm    
color, black and white
2023

published by APERTURE

ARI MARCOPOULOS - ZINES

¥10,450価格
消費税込み |
    bottom of page