• Yuichiro Noguchi

その人のためだけに

更新日:10月7日

「ビスポーク」というのは、英語の「be spoken」が語源で、お店の人と顧客がじっくりと対話をしながら作っていくから「ビスポーク」と呼ばれています。ジョン・ロブやエドワード・グリーンといったブランドのようにオーダーメイドで作る靴をビスポーク・シューズといったりもします。


一つ一つ顧客の要望に合わせながら熟練の職人が仕上げる靴は、手間暇が既製品とは比べ物にならないほど掛かります。しかし、木型から作るので自分の足にフィットした靴を手に入れることができるし、デザインや素材、さらに細かなところまで全てにこだわれるので理想の靴を手に入れることが出来るといえるでしょう。


オーダーメイドで革靴を作る人は色んなブランドの靴を経験しているからこそ、それ以上のものを手にしてみたいとビスポーク・ブランドを訪れます。様々な経験や知識を有しているからこそ、そこに特別な価値を感じるのでしょうし、それを履いてみたいと思わせてくれるメーカーも存在します。


そのような方にとってお店選びはとても大切です。それなりのお金と暇を注ぎ込んで作るのですから、信頼できるショップや経験豊富な職人との出会いは最も重要だといえるでしょう。


既製品のようにモノと値段が付いているものの中から選んで買うわけではありませんので、顧客と職人のお互いが相手のことを十分に理解していないと本当に欲しいものは作れません。仕事のこと、プライベートのこと、どんなものが好きで、毎日どのように過ごしているか、顧客と職人が共に長い時間をかけ理解し合いながら、丁寧に作り上げいく過程こそがオーダーメイドの醍醐味といえるでしょう。


そのようにして自分だけのために出来上がったものは、長年使い込んでなくても手にした途端に足に馴染み、これまでにない満足感と所有する喜びを得ることになるのです。


今の時代は何でも簡単に手に入れることが出来ます。だからこそ単にモノを所有するだけではなく、「どこで、誰から、どのようにして手に入れたか」というストーリーにこそ価値を感じるもの。

そこにはモノを通じて人との繋がりや思い出も育むことができます。そのようにして手に入れたものを大切に使い続けることは本当の意味でとても贅沢なのことだと思います。


沢山の読んでいない本を所有するより、自身の人生においてかけがえのない一冊に出会える方が遥かに幸せなこと。それこそがまさに「LESS IS MORE」なのです。



『居心地のよい灯りと暮らす』

照明から考える住まいづくりをコンセプトにした暮らしの提案。豊かな灯りと上質なインテリアデザインで一人一人の個性に合わせた理想の住まいをかたちにします。


IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1-15-16

www.inthelightinteriors.com






30回の閲覧

最新記事

すべて表示

LESS IS MORE