• Yuichiro Noguchi

理想の暮らしとは

19世紀イギリスの社会思想家、芸術批評家でウィリアム・モリスに影響を与え、アーツ&クラフツ運動やその後の運動家の精神的支柱となったジョン・ラスキン。


中世ゴシック建築と社会背景を関係づけて、「中世は社会自体によき精神が育まれ、労働者たちも自由に工夫や創造を働かせることができた理想的な時代である。」とし、産業革命によって機械化・効率化が進んでいた当時をの労働者を例え、「釘の頭やピンの先だけを作り続けるような仕事をするようになった結果、人々から労働の喜びを奪い世の中には粗悪なものが蔓延るようになってしまった」と諭します。


ラスキンの思想はウィリアム・モリスに受け継がれていき、「必要なものを楽しみながら創り上げる手仕事ものは美しい」という考えや、「美しいものだけに囲まれた生活」を理想とし、「古き良き時代の熟練職人による質の高い工芸品」に回帰しようと、アーツ&クラフツ運動が起こります。


現代社会でも経済という名の大義名分のもと、良質なモノづくりや職人たちは減り続け、どこで誰がつくったものかすら分からないようなモノを、ただ単に安いからといって喜んで購入している姿を見ると、100年以上も前にラスキンやモリスが危惧した世界と同じことが、今だに繰り返されているのだと感じるばかりです。


テクノロジーの進化によって昔とは比べものにならないくらい便利になった世の中ですが、モノを創造し作り上げていくロジックは今も昔も変わらないものです。


パーソナルコンピューターの普及によって、誰でも簡単にデザインのコピー&ペーストができるようになり、さらにプリンターやWebを使えば誰でも手軽にパブリッシャーになれます。また起業やビジネスを始めるのも以前よりハードルが低くなったと感じます。


しかし、良質なデザインやパブリッシャー、ビジネスといった素晴らしいものが誰にでも簡単に生み出せるわけではありません。良質なモノが生まれる背景にはそこに至るまでに、様々な課題や困難、人やコトが関わり、沢山の時間と労力やお金もかかることが多いものです。そして、それらを乗り越えて実現までに辿り着くのに最も必要なのは”情熱”です。


しかし、安易なコピー&ペーストにはそのどれも持ち合わせていません。手っ取り早く金儲けをしたいと考える人たちの安易な手段でしかありません。そのようなことが蔓延する社会では、良質なモノやそれを支える人々の居場所はどんどん失われていきます。また、そのような社会や環境が子供たちにとって、良い未来であるはずがありません。


私たちは道徳心や倫理観に欠けた拝金主義が蔓延する不健全な社会から脱却し、持続可能な未来をつくるべき転換期を迎えています。テクノロジーの発展によってとても便利な世の中になりましたが、住まいも職場も病院も同じような”機能優先”になってはいないでしょうか。


フランス人建築家ル・コルビュジエによる「家は住むための機械である」という有名な言葉があります。コルビュジエが目指したものがこのような暮らしや社会だったかは分かりかねますが、私たちが本来求めていたものは単に快適で便利な暮らしではなく、人が人として心地よく過ごせる共生社会だったのではないのでしょうか。


今の社会には便利さを優先するあまりに、機械的で画一的、人に対する優しさが欠けているように感じます。どこの家を見ても同じような住まい、仕事も利益優先、どこに行っても同じ街並み。そのような効率的な社会は一時的な利益をもたらしても、真に価値のあるものを生み出してはいないのです。


行き過ぎた都市化への反動が、近年のキャンプやバイオフィリアといった自然回帰の流行を生み出し、デジタル社会へのストレスやコロナ禍が人と人との関係性や社会のあるべき姿を再考する動きへと繋がっていっているのだと思います。


本来、人はもっと自由な生き方を選択できるべきだし、好きな場所で好きな人と喜怒哀楽を共にしながら暮らし、他人や社会の役に立つことで仕事にやりがいや誇りを感じたりして成長していくもの。

過度な資本主義や競争社会によって生み出されたのは世界の富のほとんどを1%の人間が支配するアンバランスな格差社会です。

これまでにない程にテクノロジーが発展・進化した現代社会だからこそ、人が本質的に求め続けてきた住まいや暮らし、理想の社会像といったものが見え始めてきたような気もします。



 

◆50代から始める『大人のためのマンション・リノベーション』無料相談受付中!


古い佇まいを生かしながら、住まいを自分らしくカスタマイズ。

元の建物を生かして経年変化を楽しんだり、内装を一新して理想をかなえたり。

照明から考える暮らしをテーマにした、マンション・リノベーションでかなえる理想の住まいをご提案します。

リフォームやリノベーションに興味がある方をはじめ、住み替えや不動産の相談まで、住まいのことなら何でもご相談いただけます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。


『灯りを愉しむ』美しく、心地よい暮らし

《IN THE LIGHT Lighting Design & Interiors》

〒861-8001 熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘1-15-16

https://www.inthelightinteriors.com/




閲覧数:66回

最新記事

すべて表示

LESS IS MORE