top of page

online store

Verner Panton

ヴァーナー・パントンは画家として出発し、コペンハーゲンの王立芸術アカデミーで建築を学びました。建築家・デザイナーであるアルネ・ヤコブセンに師事した後、家具とインテリアデザインの道を歩み、脚のない椅子や壁に垂直に置かれたソファなど、その前衛的なデザインで有名になります。60年代から70年代にかけては、家具、照明、壁紙、ポスターやラグに催眠術のようなパターンや未来的なデザインを取り入れるなど、環境全体をデザインするという彼の情熱はその後のアイコニックなデザインにつながりました。パントンが生み出す、素材、色、形の独創的な手法は、彼のその後の名声に繋がりました。フラワーポットランプは、60年代の平和運動「フラワーパワー」の象徴的な存在となりました。
bottom of page